お薬を安心して服用するために|あんしんお薬ガイド

人体は医薬品として有効

人体は医薬品として有効

血液や胎盤、尿などは医薬品として人間の役に立っています。人体の一部が原料となっている薬は意外にも多いのです。

 

血液製剤などは、日本では薬害エイズ問題で有名ですが、今でもきちんと血友病患者さんなどには役に立っている薬です。

 

出産のときに赤ちゃんと一緒に出てくる胎盤も医薬品の原料となります。漢方では紫河車という名前で妊婦の婦人病の治療薬として使われています。

 

また、今はやりのプラセンタというのも、胎盤を使ったものです。さらに近年の研究では胎盤にはアミノ酸が豊富に含まれていることがわかっています。そのほかにも道の成分ビタエックスというものも含まれています。

 

このビタエックスは、滋養強壮や冷え性、精力減退などに効果があるとされています。今では栄養ドリンク剤にも配合されているものも増えてきており、注目の成分であるともいえます。

 

胎盤エキスは皮膚に塗ることでシミやそばかすなどを取り除く効果も期待できることから、美容業界も目をつけています。

 

さらには尿も薬になるのです。尿素クリームなども尿の成分が利用されており、皮膚に塗ることで皮膚の状態を正常に近づけてくれる働きがあります。

 

また、飲尿療法という治療法も以前は注目されていたこともあります。

 

近年の医学が進み医薬品も進化し続けています。様々な医薬品が開発され販売されています。
海外の医薬品を手に入れたいときにはあんしん通販薬局くすりエクスプレス・ベストケンコーなど個人輸入代行サイトから通販することができます。また、ペットのお薬もペットくすりで購入できジェネリック薬も購入できるので安くで愛犬のお薬を購入できます。

 

日本では病院で処方箋を出してもらわないと医薬品を手にする事ができないのですが個人輸入を使うと処方箋なしで購入する事ができ日本では購入できないお薬も購入することができます。

 

スポーツ選手のドーピング

 

スポーツ選手のドーピング

筋肉増強剤などは、一般的にも使用している人が多いと思います。しかし、そのリスクについての情報を知っている人は少ないといえます。

 

スポーツ界でもドーピングについてはロシアなどが国を挙げて行っていたのではないかということが日本でも報道されています。

 

ステロイド系の筋肉増強剤をはじめ、ペプチドホルモン、興奮剤、麻薬性鎮痛剤などが主流です。この中でスポーツ業界での処分が一番大きいのがステロイド系だといわれています。

 

筋肉増強剤は男性ホルモンとよく似た働きを示すものがあります。疲労困憊を高める効果があるので、長距離マラソンなどの選手が使用すると、疲労のたまり具合が少なくなるので、競技においても有利になるとされています。

 

また、筋肉量、筋力なども急激に増加させることもでき、スポーツ選手でもこれを使う人は後を絶ちませんが、実は大きな副作用があるのです。

 

ホルモンバランスの乱れや、女性ではひげが生えるなどの症状が出てきます。さらには生理不順、男性も体毛が増えて、睾丸のホルモンバランスが乱れることで、インポテンツになってしまうことがあります。

 

気軽な気持ちでドーピングの世界に入り込むと、一生薬の副作用で悩まなければならなくなることがあります。

髪の毛が薄くなったと感じたらAGA薬

男性の大きな悩み事として薄毛があります。AGA薬は今では簡単に手に入るようになり、さらに海外の効き目の高いものも個人輸入できるようになっています

 

しかし、髪の毛が薄くなった人ならだれでもが効果があるわけではありません。薄くなった原因や頭皮の環境によっては、強力なAGA薬を利用しても全く効果がないこともあるのです。

 

ほとんどのAGA薬は、体内の女性ホルモンを刺激するものです。女性ホルモンの働きによって、髪が薄くなるのを改善、または防ぐ働きが期待できます。

 

しかし、薬の効力でホルモンバランスをコントロールするには、副作用などが心配されます。薄毛治療のために医師がAGA薬を処方したのならアドバイスを受けながら使用を続けるといいですが、AGA薬についての知識がない人が個人輸入などで、海外から取り寄せて使用するにはリスクが大きいです。

 

まずは、病院などに行きAGA薬を処方されたのなら、2回目からは同じ成分同じ商品名のものを使用するのが安全でしょう。

 

私は、このような方法で今もAGA薬を個人輸入サイトのくすりエクスプレスで取り寄せています。最初のいヵ月は全く効果を実感することができなかったのですが、使い続けて3か月目から、抜けがが少なくなってきていることに気が付きました。