お薬を安心して服用するために|あんしんお薬ガイド

EDドラッグの日本人の反応

EDドラッグの日本人の反応

昔から、夜這いなどの言葉が存在するように、性に関しては、積極的なところがある日本人ですが、今では性に関することをオープンに話すことがいくらかためらわれるような風潮があります。

 

異性愛であれ同性愛であれ、性行為の会ラックを肯定すると同時に、性に関する規制をきちんと守って、それぞれに楽しんでいたと思います。

 

昔から日本人男性は、女性や子供の性欲が強くなることを恐れ、一方自身の性欲の衰えを嘆いていたものです。そのために回春という言葉も生み出されました。その方法としてEDドラッグが使用され始めました。それが昭和初期の精力剤ブームです。

 

はじめのうちは元気の出る薬でしたが、そこから快楽を求めるための薬へと変貌していきました。その最初のEDドラッグがヒロポンです。

 

もちろん現在は使用することが禁止されていますが、昭和初期のころはまだ規制がなく、男女ともヒロポンを元気が出る薬、快楽を求める薬として使用していたのです。

 

しかし、科学的にヒロポンを調べてみると、精神科学的には人間に対して独であることがわかり、そこからは使用が禁止されています。

 

また、眠気と倦怠感を除去できるものとして、その後もひそかに使用されていたようです。